即日で資金調達するならファクタリングがおすすめ

2020年02月28日
中小企業や個人事業主の中には、資金調達が難しく頭を抱えている事業主もいるでしょう。 特に、すぐにでも資金が必要な場合は銀行に融資を依頼しても、即日の入金は難しいのが実情です。 そんな時におすすめなのはファクタリングです。 人件費や外注費などの支払いが滞ってしまえば様々な問題が生じます。 問題を防ぐためにも、現金調達に活用可能なファクタリングの仕組みを解説します。 即日で資金を調達するための方法やポイントもご紹介しましょう。

■ファクタリングの仕組み

商品の販売やサービスの提供で得た売掛金(債権)を特定の会社を買い取り、手数料を差し引いた分の金銭が支払われるシステムをファクタリグと言います。 ファクタリングは2つの種類があるので、それぞれの特徴を解説しましょう。 ・2社間 利用者とファクタリング会社の2社間で取引が行われます。 取引先に債権を譲渡した事実を知られないため、会社の信用度を落とさず資金調達ができる点がメリットです。 ・3社間 利用者とファクタリング会社、取引先の3社で取引が行われます。 審査の開始前に取引先の承諾がいるので、同意書を持参し利用者が取引先に出向き、債権を譲渡する趣旨の説明が必要です。 同意が得られれば同意書に署名・捺印してもらい、審査後に資金調達は行われる仕組みとなっています。

■ファクタリングはどんな時に使われるの?

ファクタリングは活用されるシチュエーションは、企業によって様々ですが即日で資金を調達したい場合もあるでしょう。 では、実際にどのような時にファクタリングが使われているのでしょうか? ・銀行で融資を断られた時 信用情報や税金の滞納がある場合、銀行からの融資を断られる可能性があります。 しかし、ファクタリングであれば債権売買契約となるため、融資契約を行う必要性がありません。 信用情報に影響はないため、銀行に断られたとしてもファクタリングであれば資金を調達できる仕組みが整っています。 ・必要経費の入金があれば事業を続けられる場合 現金不足に陥る理由のひとつに売上金の入金日程のタイミングがあります。 例えば、毎月20日に人件費や外注費の支払いがある場合、売上金が25日に入金されれば現金が不足し、必要経費が賄えない可能性もあります。 そんな時には、ファクタリングなら売上金が入金される前に売掛債権を現金化できます。 必要経費も支払えるだけではなく、返済もスムーズに行えるでしょう。 この他にも、取引先や従業員の不安を無くしながらの資金調達や起業したばかりの企業にも、ファクタリングはおすすめです。

■即日なら2社間

ファクタリングには2種類あると前述しましたが、即日での入金を希望する際は2社間のファクタリングが最適です。 3社間の場合、取引先に同意を得る必要があり、相手先の都合の良い日にちや時間を聞かなければなりません。 取引先の同意が得られなければ資金調達もできないため、問題も増えるでしょう。 2社間なら取引先への通知や同意もなく資金の調達が可能な理由から、即日に調達できる期待が高まります。

■即日の種類に注意しよう

「即日」といっても、種類があるので注意が必要です。 ファクタリング会社によって考えられる即日の意味を解説します。 ・審査後即日入金 審査をした後に即日入金が行われる仕組みを持つ会社です。 問題点は、審査が即日ではない可能性がある点です。 審査をした後には即日で入金が行われる仕組みでも、審査が即日とは限りません。 翌営業日に審査を行う可能性もあるので注意してください。 ・即日審査 これは、申し込みがあった日にすぐに審査が行われることを言います。 しかし、入金が即日とは記載されていません。 入金日は別日に実施される可能性があり、事前確認が必要です。 ・即日審査・入金 申し込みをしたその日に審査を行い、審査が通れば即日で入金される仕組みの会社です。 最も早い段階で資金を調達できるので、「即日」を狙った調達を行いたい場合には、即日の使い方に注意し、会社選んでいきましょう。

■いつまでに入金されるのか事前確認が大事

即日審査に対応していても、入金が即日でない可能性があります。 ファクタリング会社では、土日祝日は休みの会社も多いため、審査が行われずに週明けまで待たされるケースもあります。 また、20日から翌月の10日あたりまでは相談数も増えるので気を付けてください。 どの会社も審査は申し込みのあった順番で行われるため、混雑する際には入金が遅くなるケースもあります。 早めに資金調達したい場合には、混雑しやすい期間をはずし、営業日や入金日も前もって確認しておくと安心です。 ファクタリング会社を利用すれば、難しい資金調達も即日で行える可能性が高まります。 しかし、即日にも種類があるのでスピードを重視した資金の調達では確認が最重要ポイントです。 また、必要書類をあらかじめ用意することも、スムーズに実行できるポイントとなるので、しっかり確認しておきましょう。